ビックリ仰天!中国事情


執筆者紹介

当事務所弁護士 鈴木 龍司
高校時より中国に興味を持ち、大学、大学院で法律を学ぶ傍ら、中国に携わる仕事を志す。
これまでに、中国法務(日本企業の中国進出案件、日本企業と中国企業との間の各種契約案件、中国子会社の労働紛争案件、中国子会社の知的財産管理案件等)、国内訴訟案件(売買代金請求事件、不公正取引方法差止請求事件等)、及び個人顧客の紛争案件等において、アドバイザー・代理人として関与した。2013年より北京に駐在。中国法務全般、特に中国における人事や労働管理の分野に深い関心を持つ。

*本記事は、中国に関する一般的な情報を提供するものであり、専門的な法的助言を提供するものではありません。また、実際の法律の適用およびその影響については、特定の事実関係によって大きく異なる可能性があります。中国法に関する具体的な法律問題についての法的助言をご希望される方は当事務所にご相談下さい。

お問い合わせ