台湾弁護士

鄭惟駿

台湾弁護士

国立陽明大学生命科学学部在学中、基律科技智財有限公司でのアルバイトをきっかけに、大学卒業後も同社で特許技術者として台湾における特許出願(主にバイオ分野)に関する業務に従事。2011年から政府機関の中華民国行政院原子力委員会原子力研究所に勤務。同所の主力製品である放射性医薬品、バイオ燃料等の研究開発に付随する知的財産の権利化・ライセンス業務に携わる。2012年に台湾の弁護士資格を取得後、フォルモサンブラザーズ法律事務所に入所し、研修弁護士として知的財産訴訟業務に携わった。2015年4月、公益財団法人日本台湾交流協会の奨学金試験に合格し来日、国立一橋大学国際企業戦略研究科に学ぶ。2017年3月同大学研究科を修了、同年4月に弁護士法人黒田法律事務所に入所。

主な取扱案件

・台湾における知的財産関連訴訟、非訟業務
特許権、商標権、著作権、または営業秘密に関連する件について、顧客を代理して台湾での訴訟に対応。ライセンス、権利譲渡等の契約書作成、翻訳も対応した。

・台湾における特許出願(特にバイオ分野)

特許明細書の作成、翻訳、拒絶理由通知等への対応

・医療機器、医薬品、バイオ技術関連の研究開発に関連した特許戦略の立案支援
技術開発の段階で、当該技術の特徴に応じて特定部分を特定の種類の知的財産権に権利化する支援を行なった。
(例:特許出願、あるいは営業秘密として保護するのかという選択等を顧客に提案)

・社内知財管理、運用ルールの策定、知財戦略の構築
予算内で技術を権利化し、権利化後、それらをどのように活用していくか等、顧客の状況を踏まえた最適なスキームを提案した。
(例:予算内でどのような技術を特許として出願するのが良いか、取得した特許権を自ら生産、ライセンス、または譲渡するのが良いのか等を顧客に提案)

職歴
学歴
資格
外国語