パートナー

竹田 昌史

パートナー
上海事務所 首席代表
弁護士

2003年に司法試験合格、北京語言大学での一年間の語学留学を経て、黒田法律事務所に入所する。2007年から2013年まで約6年間、中国の首都である北京に駐在し、中国への日本企業の進出サポートのみならず、北京のホールディング会社によるコンプライアンス業務(e.g.商業賄賂対策、労務管理、内部通報制度の整備等)、現地法人の再編業務、知財管理業務、独占禁止法対策等をサポートした。またジェトロ北京の法律顧問を約6年間務め、北京、天津および東京でのセミナーも実施している。クライアントにとってベストな選択肢は何かを徹底して考え、そのために全力を傾けることを信条とする弁護士でありたいと考えている。

主な取扱案件

投資案件

・某食品会社の中国企業との合弁プロジェクトおよび中国における子会社の持分譲渡プロジェクト
・某外食産業企業独資会社の設立プロジェクト
・某製薬会社の中国国内での独資会社の設立、各社内規則等の作成
・某教育関連会社の中国ビジネスのスキームに関するアドバイス、各拠点との契約の作成等
・某自動車関連企業の中国国内における工場移転に伴う賃貸借契約のレビュー、その他のアドバイス

知的財産案件

・某自動車関連企業の海外32拠点のライセンス規制制度の調査
・某データ関連企業の中国カーナビ事業に関するアドバイス、契約書の作成等
・某技術開発研究機関と中国国内大学等との研究開発契約に関するアドバイス
・某食品会社の研究開発委託に関するスキーム、研究開発契約等の作成
・複数企業の中国国内およびその他複数国での職務発明規程の作成
・某薬品会社の台湾での模倣品発生に伴う調査
・官公庁からの依頼による約20社への模倣品対策の現状に対するインタビュー

労働案件

・複数企業の中国現地拠点でのストライキ対応、賃金集団協議に関するアドバイス、各種規程・労働契約の作成

独占禁止法関連

・複数企業への事業者申告および申告の要否に関するアドバイス
・複数企業への独占禁止法違反リスクに関するアドバイス
・某薬品会社への販売店への再販売価格拘束に関するアドバイス
・某食品企業の発展改革委員会による調査に対する対応処理の妥当性に関する意見書作成
・某自動車関連企業の競合企業に対するOEM生産の独禁法リスクのアドバイス

コンプライアンス案件

・某教育関連企業の現地従業員による現地法人の不正への内部通報対応
・某商社の現地従業員に対するコンプライアンスレクチャー

PL法関連

・某自動車関連企業への中国及びアメリカで発売する製品のPL法リスクおよびPL責任に関するアドバイス

職歴
学歴
資格
セミナー
外国語