中国弁護士

鄭 郁

中国弁護士

2005年、海南大学法学院を卒業。同年、アモイ大学法学院国際法専攻(修士課程)に合格し、主に国際経済法を専門とする。2008年、アモイ大学法学院卒業後、KLO投資コンサルティング(上海)有限公司広州支店入社。2011年、KLO投資コンサルティング(上海)有限公司北京支店転任。日本企業の対中投資法務にかかるコンサルティングや実務的な業務に携わっている。

主な取扱案件

• 持分譲渡、持分に対する質権設定、国外出資者の変更等

 数多くの日系企業の持分譲渡、持分に対する質権設定、及び日本側の吸収・分割に伴う国外出資者の変更にかかる文書の起草、準備業務、政府部門との交渉、調整、具体的な事項の処理を担当。

• 法務調査

 医薬、食品、電子製品、広告・マーケティングなどの分野の販売型、生産型、サービス型企業の法務調査業務に参加。

• 契約審査

 数多くの日系企業の日常的な経営にかかる契約の審査業務を担当。

• 技術の輸出入

 某大手日本企業とその中国子会社との技術輸出入契約の登記業務、及び技術の輸出入に関する日常的な法律コンサルティングを担当。

• 外商投資企業の設立、変更、清算、抹消

 数多くの日系企業及びその支店の設立、変更、清算、抹消に関わる文書の起草及び準備業務、政府部門との交渉、調整、具体的な事項の処理を担当。

• 日常的な経営活動における法的問題にかかるコンサルティング

 外商投資の業界参入許可政策、企業経営活動のコンプライアンス、税関及び外貨業務などのコンプライアンスにかかる調査及びコンサルティングを担当。

• 労働業務

 企業の日常的な人事業務のコンプライアンスにかかる調査及びコンサルティングを担当し、数多くの日系企業の清算解散時における人員整理補償業務に参加。

職歴
学歴
資格
外国語