中国におけるアンチ・ダンピング案件

ダンピングとは、通常の商取引において、輸入製品がその正常価格を下回る輸出価格で国内市場に導入されることを指し(中国アンチ・ダンピング条例3条1項参照)、アンチ・ダンピングとは、そのようなダンピング行為を防ぐことを言いますが、中国でもアンチ・ダンピング条例等の法令によるアンチ・ダンピング制度が確立されています。
アンチ・ダンピングの立件がなされた場合、被調査対象者は、立件から20日以内に応訴を申し出る旨を登記しなければならず、その後頒布される質問状に対する回答書を、原則として37日以内(14日以内での延長が認められる可能性があります。)に回答書を送達しなければなりません。
このように、アンチ・ダンピング案件では、何より即時での対応が求められることになります。

当事務所の取り扱い業務

当事務所では、アンチ・ダンピング案件に携わった経験から、即時での対応を求められるアンチ・ダンピング案件においても、適切なアドバイスをスピーディーに行うことが可能です。
また、アンチ・ダンピング関連の回答書及び反論書等の作成だけでなく、実際に行われる調査に立会う等、被調査対象となったクライアントの様々なご要望にお応えすることが可能です。
中国におけるアンチ・ダンピング案件に関する主な取り扱い業務は以下のとおりです。

お問い合わせ