中国におけるコンプライアンスマニュアルの作成、コンプライアンス研修の実施

中国でビジネスを展開する場合、従業員による会社財産の横領や会社の秘密情報の漏洩に注意を払わなければなりません。また、日本には存在しない犯罪行為であるため特に注意する必要がある従業員の犯罪行為として、商業賄賂が挙げられます。中国では日本とは異なり、民間企業間においても、贈収賄が成立することがあり、近年ではこの商業賄賂に関する規制が強まる傾向にあります。
以上で例示した従業員による犯罪行為ないしは会社の有形・無形の資産にマイナスの影響を与える行為の発生を防止するためには、日頃から従業員にコンプライアンス遵守の意識を持たせることが重要です。
そのためには、日本とは異なる法令、商慣習を有する中国に即したコンプライアンスマニュアルを作成し、中国で勤務する従業員の間での浸透を図るとともに、適宜にコンプライアンス研修の実施を行う等して、コンプライアンス遵守の精神を根付かせなくてはなりません。

当事務所の取り扱い業務

当事務所においては、数多くの中国企業向けのコンプライアンスマニュアルの作成を行い、またコンプライアンス研修の実施を行ってきました。
このため、中国の法令、商慣習及びクライアントのご希望事項に即したコンプライアンスマニュアルの作成や、コンプライアンス遵守の精神を根付かせるためのコンプライアンス研修を実施することが可能です。

お問い合わせ